*

 

アパレル転職『ボーナス・賞与有り』求人の見つけ方

アパレルでもボーナスはもらいたい!

『アパレル業界ではボーナス・賞与がない!or少なすぎ!』
そう思っている方が多いのではないでしょうか?

アパレル業界は業界全体でも給料が少ないのは目に見えています。
この不景気の中、アパレル業界で売り上げをドンドン右肩上がりに伸ばしている会社全体の数%しかないです。
特に、販売員の方に対してボーナスや賞与がつかないor少なすぎる会社が多いですね。

 

私は当時の会社でOEM営業をしていましたが、
リーマンショックでの投資の失敗によって、会社が火の車状態でした。

求人票では『賞与有』と書いてありましたが、
実際に入って先輩に聞いてみると、、

『ここ5年くらいボーナスをもらっていない』というひどい状況でした。

 

しかし、2回目の転職した会社では年2回ボーナスがあります。
(年収が30万変わりました。)

ボーナスがあるだけで、年収がUPしちゃうんですよね。
ボーナスを初めてもらった時は『申し訳なさ』でいっぱいになりました。
(今までもらってなかったので、、)

転職時にいろんな求人を見て思ったことですが、
意外にボーナス・賞与が有る会社が多かったです。

見つけるにもポイントがあるので、それを2つ紹介したいと思います。

①これが書いてある会社はほぼもらえない!

企業は優秀の人材を選びたいがために、求人の内容を曖昧にすることが多いです。
ボーナスや賞与に関して言うと、
『賞与年2回有(業績に応じて)』

 

賞与年2回有りまではいいんですが、注目箇所は『業績に応じて』
非常に曖昧な表現ですよね?

 

業績が悪ければ賞与はありませんよっと言っています。
さらに解釈をすると、

『常に業績が悪いから賞与は出せません。目標の業績に行ったら出しますがね』

 

こう書いてある会社は辞めた方がいいでしょう。
会社は人ありきで成り立つので、
このように会社の業績ばかりを気にして働く人を見下すような表現を書く会社はあまりお勧めしません。
(あくまでも私の意見ですが。)
ぜひ見極める1つとして検討してください。

②本当にボーナスがもらえるのか?

これは一番気になりますよね。
でも、面接などで聞くこともできないです。
先ほども言いましがたが、『ボーナス有り』でも実際はないこともあります。

 

ほとんどの人は入ってから実際にボーナスが有りか無しかがわかります。
それってとてもギャンブですよね?
それをしっかりと知ることができます。

あなたの希望の求人が見つかる可能性が高くなる方法とは?➡︎


私も使いましたが、『アパレル専門の転職サイト』を使うことをお勧めします。
私のオススメはクリーデンスです。

登録者数求人企業数公開求人数非公開求人数雇用形態
14万人以上2,800社以上1,000件以上9,000件以上正社員(その他有)

ここでは無料登録すると担当者が付いてくれます。
その担当者がアパレル求人の会社を熟知しているので、あなたが希望で『ボーナスが有る会社を探したい!』と伝えれば、望みの会社を紹介してくれます。

正直、仕事をしてたりするとなかなか転職活動ができないので、
自分の希望を伝えるだけで求人を探してくれるクリーデンスは使った方がいいですね。私はクリーデンスを使って年2回ボーナスがある会社に転職できました。アパレル転職者であれば、ほとんどの方が入っています。
2017年8,9は意外にも人が動くので、各社とも求人を結構出してます。

この時期の求人は応募が多くなり、すぐに入れ替わりする場合があります。求人がドンドン出てくるので、今から登録すると有名どころの求人を見ることができるかもしれません!普段は見れない会社の求人を見ることができます。
無料で登録して、是非試してみてください。
私がクリーデンスに行ってきたレポートはこちらから見れます。

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

アパレル転職【給料が良い会社】に転職するには!?

アパレル転職で給料をアップしたい! アパレル業界は全業界からしてみれば給料平均がとても少ない方です

記事を読む

アパレル転職で土日休み有りの求人を探すためには

アパレル転職で土日は休みたい アパレル業界の場合、催事や展示会、会議また販売店周りなどで『土日』潰

記事を読む

アパレルに将来性が無いと感じた時に送る3つのメッセージ

今のアパレル会社の将来が不安 アパレルの仕事をしていると今の仕事に将来性を無いと感じてしまうことが

記事を読む

no image

ブラックランキング上位のアパレル業界4つの実態

アパレル業界で働いているなんて言うと、華やかな世界の人と思われることも多いですが、この業界は、実は

記事を読む

no image

新卒でアパレル総合職に採用されるためにやっておきたい3つのこと

就職活動は、新卒でおこなう人がほとんどですよね。そしてこの、新卒でアパレル総合職を狙

記事を読む

PAGE TOP ↑