*

 

立ち仕事が多い人がやってる解決方法!【足の痛みとむくみ】

足の痛みとの戦い!

販売職の方、特にアパレル業界業界の方は毎日長時間立って仕事をしているので、この悩みが共感できる方が多いと思います。
販売職などの仕事をしていると、ほとんどの方が足のむくんだり・痛んだりしています。

よく根性論で『痛みは慣れると大丈夫!』と言う方もいるかもしれませんが、慣れるまでに時間がかかりとても大変です。

未経験でこの業界に入ろうとしている方には悩みの一つです。
なので、主な痛みの原因と実際にアパレル店員がやっている対策方法を書いていきます。

足の痛みの原因は?

足の痛みは『むくみ』が原因です。
長時間の立ち仕事をしていると重力によって足の血液循環が悪くなり、細胞の隙間に水分が溜まります。

その状態のまま放置をしてしまうと足がむくんだ状態になり、むくみんでたるんだ肌になってしまいます。
そのままずっと放置してしまうとむくみになりやすい足になってしまい、さらにはいろんな病気に発展してしまう恐ろしさがあるので注意しましょう。

こちらではアパレル販売職の方がよくやることを大きく分けて2つ紹介していきます!
是非とも参考になればと思います。
むくみを取るなら、むくみ解消のストッキングを利用するのが手っ取り早いです。
楽天市場で[インナー/下着部門]で1位をとったストッキングはこちら

自分でできる!足の痛みの解決方法!

・血行不良を直す
足の血行が悪くなっているので、炭酸水を飲んだり、
また、入浴中に足をさするリンパ腺のマッサージがおすすめです。

特に炭酸はミネラルが豊富で、血液の働きを良くします。

・水をしっかりとること
水を一日1.5L飲むのがいいと言われています。
販売員の方は仕事途中に飲むのを欠かさない人をいます。
しかし、一気に水を飲んでしまっては逆効果で余計な水分が足に溜まります。

時間を置いて適度に飲むことが必要です。

仕事をしながらむくみストレッチ

販売員がやるむくみ対策を紹介致します。

①つま先の上げ下げ
足を軽く前に出して、ゆっくりとつま先を上下に繰り返します。
ヒールの人は最初やりにくいですがやるうちに慣れます。

上下運動を繰り返し5回~10回やり、1時間おきにやるといいそうです。

 

②足の指をグー、パーする。
仕事中は厳しいので、休憩中にやりましょう。
靴を脱いで、足の指をグー、パーと交互に10回程度動かします。
あまり動かさない足先の筋肉まで動かすことで足の血流を良くします。

 

③かかとの上げ下げ
つま先のみを地面につけたままにし、かかとを浮かせるような状態にします。
イメージとしてはすねの前側と足の甲の部分が伸ばされているような状態を保つことです。
3~5秒キープし、それを10回繰り返します。

 

④足首をぐるぐる回す
足首を右回り、左回りと回します。
動きが悪いと感じる場合、足首を反対側のひざの上に乗せ、片手で足首を固定し、もう一方の片方の手でつま先の辺りを持って回しても大丈夫です。
右回り、左回りとも各3〜4回程度行い、これを10セット繰り返します。

 

以上、4つを紹介しました。
え!?こんなことでいいの??っと思われる方もいらっしゃると思いますが、むくんでいる足の血行をよくすることが大事です。

毎日このストレッチをしていることが積み重なり、長時間の立ち仕事での足の痛みを無くせます。是非とも参考にしていただければありがたいです。
また、ストレッチでは効かなかったり、仕事が忙しくストレッチが面倒臭い方がほ半数以上いらっしゃいます。
そんな方にはこちらもオススメです!

footer
今年、結婚したい方へ
恋愛に奥手な方へ

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

no image

45.8%?!アパレル業界の離職率が高い3つの理由

アパレル業界は、一つの店舗にスタッフが長くいつかないことで有名です。アパレル業界の離職率は4

記事を読む

ブラックのアパレル販売員求人を見分けるには!?

アパレル販売員になりたい!アパレル店員になりたい方はとても多くいらっしゃいます。 ま

記事を読む

【必見】アパレル店員に転職するか悩んでいる人がやるべきこと!

アパレル販売員になるか悩んでいます アパレル販売員に憧れていてなりたい人はとても多くいらっしゃいま

記事を読む

no image

アパレル販売員になりたい!太ってるけど大丈夫?

流行のファッションに身を包み店頭に立つアパレル販売員に憧れる人は多いです。まるでモデルのような雰

記事を読む

no image

【アパレル店員給料】が安くて私生活は意外と地味な現状

子供の頃からファッションが好きで、大人になったら洋服を扱う仕事がしたい。 テレビや雑誌で騒がれる

記事を読む

PAGE TOP ↑