*

 

未経験でもわかる自己PRの書き方!(アパレル業界編)

アパレル自己PR徹底分析

アパレル業界で転職・就職・アルバイトなどさまざまな形で、会社を選ばれますが、『自己PR』というのは悩みどころの1つです。
こちらでは、自己PRについてをして3つに分けてご紹介致します。

  1. 自己PRについて
  2. 自己PRを決める流れ
  3. 自己PRを決める為の秘策

その①:自己PRでの私の転職経験談

私もは初めての転職時は全くわからないまま転職活動をしており、面接で何社も落ちていました。
就活の時以来なので、何から書けばいいのか思い出しなから書いたのを思い出します。
自己PRって難しいですよね。
客観的に自分を見ることは私にとってとても大変でした。

 

何回も面接で落ちていましたが、アパレル転職サイトを使って内定先がすぐ見つかりました。
転職サイトでは担当の方がつくので、自分にあった求人から内定までサポートしてくれます。


その中で、特に面接対策について重点的にやってくれるので、効率よくいろんなことを知れましたしそのおかげで内定まで繋がりました。

自分をどうやって自己紹介しようか!?

アパレルに転職したい!
しかし、転職者の一番の悩みどころは、

『自己PR』

まだ同じ業界の転職ならまだしも、初めてアパレル業界へ転職される方なんかはどのようにアピールをすればいいか全く分からないのではないでしょうか?
自己PRはほとんどの方が悩むところです。
これからは私が体験した自己PRの書き方を含めて紹介していきます。

『なぜアパレル業界で転職したいのか?うちの会社なのか?』
これは面接官が一番知りたいところです。
なので、これを明確に伝える事が出来れば自己PRは完成に近くなります。
まずは自己PRを考える流れを書いていきます。

その②:自己PRの流れを考える

自己PRを考えるにはまずどんな風に話していくかがイメージできなければなりません。
一つづつ説明していきますが、思い浮かばない方は箇条書きでも結構ですので、思いついたことを書いていきましょう。
ドンドン書き出していくと点と点が繋がっていきます。

①現状

前職での業務内容・経験を通じて、なぜアパレル業界に興味を持ったのか?orアパレル業界でまた転職したいのか?
今勉強しているorしていた事などを考える。
相手はあなたが今までどんな事をしてきたのかが知りたいので、嘘はつかずにどんなことをしてきたのかを書きましょう。(そこから次の仕事にどう生かせるのか?を考えてみるのもいいと思います。)


①長所

経験談を踏まえて、志望企業にも関連付けられる様に長所を説明できるようにする。
私は相手先の理念を調べてそれに合いそうな、自分自身の長所を付け足すような感じで考えていくと長所を決めやすいです。

②スキル

求人票に求められていることや会社の理念を調べてそれに合いそうなスキルについて話すと良いです。
今までの仕事から生かせそうなスキルがあれば一緒に答えれば尚いいです。

③仕事への姿勢

過去の経験で達成できた事や仕事に対する自信の信念を伝えることが大切です。
中々難しいかとは思いますが、企業側は働く姿勢がない人は採用しません。
細かいところですが、話す姿勢や服装まで気をつけておきましょう。

④志望動機

全く新しい仕事でも自ら貪欲に覚えて行く姿勢を伝えることが大切です。
企業側が聞きたいのは
『なんでうちの会社で働きたいのか?』
『うちで採用するとメリットがあるのか?』

この2つです。
これに対して、納得ができる志望動機をかけるようでしたらgood!
さらに、ブランドの特徴や風土をプラスして伝えられたら尚いいです。

面接をする前に考えて置くこと

♦︎『将来の仕事上の目標』を設定する。
募集企業は募集するにあたって2種類の考え方があります。

『固定概念に囚われない斬新な仕事を期待する企業』
『経験者だけでは人員を充足のできない成長業界や人材不足の職種がある企業』

面接をする際に、将来の仕事をする上での目標を設定してると相手に対しても、将来までしっかり考えている人だと思われます。
多く志望者がいる場合、印象に残りやすいです。

♦︎新しい仕事を貪欲に覚えていく姿勢でいる。
アパレル転職の場合は未経験であっても、前職の職務経験で生かせることがあります。
「未経験だから・仕事の期間が短いからと何もアピールできない」という考え方はしない方がいいです。

転職者に対しては、短期間で戦力として活躍してもらうことを期待しています。

求める人材とマッチする能力を具体的に語り、新しい業務を貪欲に覚えていく姿勢を持っていることが必要です。未経験であっても、内定をもらえる企業が増えると思います。

面接でしてはいけないこと

面接時にこれだけはしてはいけないことが二つあります。

♦︎『教えてもらう』という姿勢でいること。
未経験で採用されても、甘えてはいけません。
また、面接時も常に教えてもらう姿勢も印象が悪くなります。
やはり、募集企業側も求人票を出すのに多額のお金を要して望んでいるため、受け身の姿勢でいては相手にされませんので、自主的に学ぶ姿勢でいることがとても大切です。

♦︎前職に対してネガティブな発言
例えば「上司から正当に評価されないから辞めた」という事実があったとします。

これを素直にいうことは良くありません。
もし、そのようなことを知られてしまったら、そのような逆境を自ら解決のために試行錯誤して行動したことを伝えてください。
『努力だけでは解決できなかったキャリアアップの道をこの転職によって切り拓く!』などストーリーに仕立て上げる工夫がとても有効的です。

その②:あなたのアパレル業界での市場価値を調べて見る!

もし転職を考えているのであれば、最近よく使われているサイトをご紹介いたします。

それが、、
【リクルートエージェント】

登録者数(年間)非公開求人数転職成功実績雇用形態
年間41万人10万件以上37万人以上正社員/契約社員

リクルートエージェントは株式会社リクナビが運営する求人サイトです。
こちらをお勧めする理由として、

・非公開求人が10万件以上
・転職の成功実績がNO,1
・アドバイザーがつき、転職活動が安心

求人サイトではNO,1の実績があります。

また、無料で求人探し〜面接〜給料交渉までサポートしてくれるので、手軽に転職活動を行えます。

『良い求人は早い者勝ちですので、今の登録が成功のカギとなります!』
みんなが行きたい大手やレアな求人はその中でも人気なので、すぐになくなってしまうので、今から試してみましょう!
まだ転職を考えていなくても、もちろん無料でできます。


必ず
あなたの方向性が見えてきます。


かなり詳細な求人なので、見ているだけでも転職情報としてとてもためになります!
今すぐ就職したい方でもただ検討しているだけの方でも関係なくと情報としては有益な情報です。
さらに、最後は封筒に履歴書の書き方やエントリーのやり方などを書いた書類をいただけます。
タダでここまでしてくれるのはとても凄いですね。。

≫≫10万件以上の非公開求人を見たい方はこちら

その③:自己PRを決めるための秘策!

自己PRを決めるのはとても難しいと思います。
私自身、転職時に一番悩んだのは自己PRです。
自己PRをしっかりと決めるためには自分自身で決めるのはなかなか難しい。。

客観的な意見をもらうことが内定までの最短の道になりまる!
最初に書きましたが、私自身もこれですぐに会社にはいることができました。
アパレル業界に入るためにはアパレル専門の転職サイトがオススメです。

今、求人を決めている方や面接を受ける前の方でも、一度ご覧になってください。

ここはアパレル専門の求人サイトで、登録をすると担当者が付きます。
担当者が、求人探し・面接対策・年収交渉もちろん自己PRの書き方など詳しく教えてくれますし、相談ができます。
こちらではアパレル業界の方が転職で必ず2つのサイトを紹介します。

①アパレル業界NO,1の転職サイト【クリーデンス】

登録者数求人企業数公開求人数非公開求人数雇用形態
14万人以上2,800社以上1,000件以上9,000件以上正社員(その他有)

クリーデンスはアパレル業界でNo,1のアパレルに特化した転職エージェントです。
2016年には登録ユーザーが13万人を超えました。
全職種の求人を保有しており、本社勤務・大手などのレアな求人も豊富に有ります。
登録した方しか見れない非公開求人がほとんどなので、今からの登録が必須です。
完全無料で、担当者が求人探し→履歴書添削→企業別面接対策→給料交渉などをサポートしてくれます!
2017年8,9は意外にも人が動くので、各社とも求人を結構出してます。
早めの登録が良い求人を探すカギになります。
まずはご覧になってください。

②関東の方はこちらがおすすめ!【ファッショーネ】

ファッショーネ

登録者数求人企業数非公開求人数本社案件数雇用形態
非公開200社以上1,000件以上700件以上正社員

関東の求人を探すのでれば、『ファッショーネ』がおすすめです!
ファッショーネは関東のアパレル求人を取り扱っている、関東最大手アパレル専門サイトです。
ファッショーネは百貨店、商業施設、専門店などのブランドはもちろん網羅しており、
高級・一流のブランド契約社員→正社員or正社員求人が豊富にあります。

ファッショーネに無料登録をすると、普通では見れない非公開求人もあります。

もちろん求人探しから内定までをトータルでサポートしてくれます。
またこちらの特徴として、未経験求人も豊富にあり、未経験でも実際働いてみて不安がある方が多いです。
ファッショーネでは担当者と一緒に店舗見学に行けるので、働くイメージがしやすくなります。

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

no image

いじめが多いアパレル業界で対象者にならないために知っておきたいこと

女性は、ねっちこいとよく言われますが、否定もできません。 女性は、自分の立

記事を読む

アパレル転職の面接では○○に気をつけること!

アパレルでの面接はどうすればいいの!? 面接は面接官に『この人と一緒に働きたい』と思わせることが大

記事を読む

アパレル履歴書のこれだけは気をつけろ!【心得】

アパレルで履歴書を書く際に気をつけることは!? まず、転職の際にする基本的なことを書きます。

記事を読む

no image

アパレルを辞めたいと思った時に考えるべきこと

アパレル業界の離職率は高く、その中には勤務し始めて数か月でという人も少なくありません。 華々しい

記事を読む

no image

アパレル志望動機はこう書く!新卒がしっておきたい5つのこと

新卒者の人がアパレルで採用される際、とても大きく関わってくるのが「志望動機」です。こ

記事を読む

PAGE TOP ↑