*

 

アパレル転職したいと思った時に確認したいこと(アドラー心理学)

アパレル転職をしたい時にする時の心構え

『転職をしたいな。。。』
他の業界に比べてアパレル業界でこのように考える人がより多いです。
ちょっとでもそのように考えた方には『アドラー心理学』を学ぶことをお勧めしています。

アドラー心理学を用いて転職について考える

昨今、若者の生き方・働き方が多様化しており、退職や転職、独立、起業などを考える若者は増えています。アパレル業界に置いても同じ状況です。
アドラー心理学は、その若者の価値観を肯定し、勇気を与えてくれます。
『アドラー心理学=会社に縛られない』が根底にある心理学です。
そのなかで、アパレル転職をしたい人のために必要な4つの考えを紹介したいと思います。

①「自己決定性」

『人は一人一人別な人間』といっており、その一人一人がかけがえのない独自性を持つ存在です。
なので、『今いる会社にいることは縁あってこの会社にいるだけ』という考えが必要であると言っています。
今いる会社に依存することは、個人が持つ独自性をだと閉ざしてしまいます。

なので、依存するのではなく自分の意思をもち自立が大切です。
このような考え方を持っていれば、会社が倒産した時・転職や独立をしようとしたい時に問題なく次のステージへ進むことができます。
アパレル転職を考える時には客観的に会社と自分を分けて考えることが必要です。

②失敗を糧にする

現代の日本に置いて何か失敗をしたときは悪い原因を徹底的に探して撲滅するというやり方が主流になっています。
また、個人に置いてもそれは同じことです。
アドラー心理学手はこれを危惧しており、『人間は成長できず、主体性がなく、個人の意志が問われない』と言っています。

失敗した時に過去を振り返るよりも、これからどうしていくべきかと未来に向けて目標を持つことが主体性があり大切だと言います。
未来の目標が現在を規定し、そこでは人間の意志や責任が問われて、失敗を成長のために必要という考えになります。

アパレル転職をされる方でも転職の理由を考える時に、
『会社の給料が悪い』
『上司が悪いから辞めたい』
『やりたいことと違う』
などと考える前に、自分は何をしたかったのか?を書き出して見るといいです。

③小さな価値観から抜け出す

アドラー心理学では『共同体感覚』ということを言われています。
例えば、『今の会社が日本に工場を持っていた。しかしコストの悪化や売り上げの減少により、「中国に工場を作る」と行った。日本製を売りにしている会社でしたが、社員全員が黙視でした。』

もしも、あなたがその会社の一員であれば、声を上げることが必要で、場合によっては上司に話す勇気も必要です。
会社だけでなく、それを取り巻く社会にまで目を向けることが必要になってきます。
何も考えずにいると会社という小さな価値観にどっぷり漬かるってしまいます。

自分の価値観がその会社によって形成された小さい価値観だけに終わってしまうのはもったいないです。
アパレル転職する場合は新しい会社にいくとその会社でまた新たな価値観の共有を求められます。なので、面接なのでもそうですが、相手の価値観を一度飲み込んで認めることが大切になります。

④『何を持つか』より『何をするか』

アドラー心理学では今持っている物に満足して、思考が停止してしまうことを恐れいています。
今を考える時に『何をするか?』というやりがいを追求することが、人間的で次のステップに進みやすいと言われています。
転職をする際は自分のやりたいこと・いままで感じたやりがい・これからしたいことをリストアップしてみることをお勧めします。

アパレル転職で1番おすすめのサイト【クリーデンス

登録者数求人企業数公開求人数非公開求人数雇用形態
14万人以上2,800社以上1,000件以上9,000件以上正社員(その他有)

クリーデンスはアパレル業界でNo,1のアパレルに特化した転職エージェントです。
2016年には登録ユーザーが13万人を超えました。
全職種の求人を保有しており、本社勤務・大手などのレアな求人も豊富に有ります。
登録した方しか見れない非公開求人がほとんどなので、今からの登録が必須です。
完全無料で、担当者が求人探し→履歴書添削→企業別面接対策→給料交渉などをサポートしてくれます!

2017年8,9は意外にも人が動くので、各社とも求人を結構出してます。
この時期の求人は応募が多くなり、すぐに入れ替わりする場合があります。

求人がドンドン出てくるので、今から登録すると有名どころの求人を見ることができるかもしれません!
普段は見れない会社の求人を見ることができます。
無料で登録して、是非試してみてください。

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

【必見】アパレル転職先が決まらない方へ

アパレル転職先が見つからなくて焦る! 妥協して応募すべきか? アパレル業界は他の業界に比べて求人

記事を読む

no image

アパレルがしんどくなった時に送る3つのメッセージ

アパレルは大変な仕事が多いです。 ・残業が長い ・繁忙期には終電まで仕事 ・商品や荷物を持

記事を読む

アパレル転職で土日休み有りの求人を探すためには

アパレル転職で土日は休みたい アパレル業界の場合、催事や展示会、会議また販売店周りなどで『土日』潰

記事を読む

no image

アパレル店員になるには?!資格や学歴はあった方が有利?

アパレル販売員になりたいと決めたけれど、アパレル店員になるにはどのような方法があるのでしょうか。

記事を読む

アパレル転職『ボーナス・賞与有り』求人の見つけ方

アパレルでもボーナスはもらいたい! 『アパレル業界ではボーナス・賞与がない!or少なすぎ!』 そ

記事を読む

PAGE TOP ↑