女性の口コミ

ブラックアパレル会社から転職した女性の口コミ

更新日:

高級ブランドバナー専門学校を卒業して初めて就職した憧れのアパレル関係の企業。
小さな会社だったものの、だからこそ色々と自分のしたい仕事がしやすいという話に惹かれて、期待いっぱいで入社しました。
ところが、会社に入ってみると、想像とは別世界。

 

デザイナー希望だったものの、まずは営業の仕事からということで、ショップスタッフからスタート。
それは納得したものの、毎日の売上報告では、ノルマに達成していないとすごい形相で怒られる日々。

 

 

だんだん鬱のようになってきて、次第には自分でショップの服をこっそり購入して、ノルマの売上額にのせることも度々。
2時間以上の残業は当たり前で、時には終電近くまで仕事をすることもありましたが、
残業代は一切出ませんでした。

まわりに相談するとそれはブラック企業だよと言われました。

 

 

好きなアパレル関係の仕事をしているはずなのに、毎日が憂鬱で、
ついにはストレスと疲労で身体を壊して痙攣を起こしてしまい、通院することに。

 
初めての就職だったので、なかなか転職するという勇気がなかったものの、
身体を壊したことをきっかけに、思い切って転職を決意。

 

 

専門学校からの友人が利用していた、クリーデンスを利用して求人を運良く紹介してもらえたので、
会社を退社して、少し休養してから、担当者に掛け合ってもらって、
転職希望先のアパレル会社に面接に行きました。

 

 

前の会社は頑張って2年ほど勤めたので、
一応アパレル関係の経験者ということで扱ってもらえたため、雇ってもらうことができました。

 
前の会社よりも大手のアパレル会社で、給料もこちらの方が大幅によかったのです。
はじめは研修ということでショップ店員からのスタートとなってまたストレスにならないか不安でした。

 

 

ですが、大手の人気ブランドのショップだったので、無理な接客をしなくても売れて、正直なところ、すごく楽でした。
ノルマのプレッシャーはほとんどなかったです。
研修期間が終了して、本社の仕事も手伝わせてもらえるようになり、今は仕事が楽しくて仕方ありません。

 

 

仕事を変えてこんなにも人生が楽しくなるとは、自分でも驚きです。
今は、前の会社にも経験を積ませてもらって感謝の気持ちも出てきています。
そんな気持ちになれたことも含めて、勇気を出して転職してみてよかった、と心から思っています。

【こちらの記事もおすすめ】
『アパレル業界鉄板!おすすめアパレル求人サイト』のページに進む⇨

  • この記事を書いた人

山下美希(34歳)

『このままで私いいの?』そんな気持ちから、アパレルで転職を2回経験しました。販売員→店長→広報→人事→(現在)アパレル専門の転職アドバイザーをしています。皆様のお力になれるよう情報を提供していきます。

-女性の口コミ

Copyright© アパレル転職サイトの徹底比較と体験談 , 2020 All Rights Reserved.