*

 

アパレルVMDの優良求人の見つけ方【限定公開】

アパレルVMD求人を探したい方必見!

VMD(ビジュアル・マーチャン・ダイザーの略)です。
VMDはブランド店舗内の空間をデザインし、商品の配置や並べ方を全て考え、店舗全体の雰囲気を作る仕事です。
(お客さんが商品を買いたくなるような空間をデザインする職業です。)


目的としてはお客様に見た瞬間のブランドイメージを植え付け・商品を見やすく・選びやすく・入りやすく・買いやすい店舗を創り上げることです。
空間コーディネーター
このようなイメージを持っていただいて結構です。

=主なお仕事内容=
ブランドによって仕事内容は変わってきます。

 

・店舗を回る
・シーズンごとにVMDのプラン作成
・店舗に何を配置するかのゾーニング & ディスプレイの変更
・雰囲気に合わせた照明、機材などのセレクト
・販売員のVMDトレーニング
・イベントに合わせた店舗の作り込み

 

など、主に各店舗の運用と展開をしていきます。
VMDは他の職業と違って、売上に対する成果が見えにくい職業です。
VMDの考え方には2つあります。

 

①ブランドの世界観を全ての店舗で統一するために働く。
②お客様の動線を考えて、商品の色や枚数、道幅の広い狭い、家具の置く位置などを考える。


ブランドの方針によて違います。
また、外資系のブランドの場合、本社の意向を汲み取って作業をしなければないらないので、英語が欠かせません。
とは言っても、外資系の会社に入っているVMD職の方でも英語ができない方は多いです。

アパレルVMD求人はほぼココにあります!

VMDは基本的にVMDの経験者か販売員を経験した人が優遇されています。
しかし、会社によっては未経験でもVMDアシスタントとして入れるようなレア求人の見つけることができます。

 

VMD求人を調べようと思うと『VMD 転職』や『VMD 求人』とほとんどの方がネットで検索します。
しかし、そこに出てくるような求人サイトでは応募してはいけませんし、中々自分が思うような求人が見つからないと思います。

 

なぜならば、そのように公開されている求人は『VMDに転職したい方』のほとんどが見ており、良さそうな会社に応募しても実際に応募数も多く、内定率が非常に低いからです。
中々思うようにVMD職につけることはないですし、今より良い会社を見つけることができません。


VMD転職で必要なのが、、
【登録した方しか見れない非公開求人へ応募することが大切である】

本気で転職したい方しか見ないので、募集人数が少なく、企業側もあなたの履歴書をじっくり見てくれて、希望の会社への内定率もグンッと上がります!
これは間違えのない事実です。


また、非公開求人には皆さんが知っているような大手や一流ブランドのVMD求人が多くあります。(企業ごとに求人を出す時期がちがいます。)


なぜ大手や一流ブランドが非公開求人に多いのかというと、
登録した人しか見れない非公開求人の場合、本気で転職した人だけなので、応募者も少なく、お互いに効率的に転職活動ができるからです。
一般的に見られる公開求人だと応募人数が多すぎて採用側が処理しきれないからね。


非公開求人があるのは人材紹介型の求人サイトです。
アパレル業界においてはアパレル専門の『クリーデンス』が最大手です。
今までに11万人が利用している実績ある、アパレル専用の求人サイトです。

 

クリーデンスでは無料で利用でき、登録すると担当者が付いてあなたに合う求人を紹介してもらえます。
(担当者はこちらの悩みを解決してくれるので、とても心強い味方です。)
担当者はほぼ女性なので安心ですね。


履歴書や職務経歴書の書き方&添削、企業別の面接対策、雇用条件や年収交渉など
求人探しから内定までを無料でトータルサポートしてくれます。


ちょっと敷居が高いと思う方もいるかもしれませんが、求人もみれて希望の職場への転職をサポートしてくれるので、利用者の満足度が高いですね。

※下記に私がカウンセリングに行った記事もあるのでそちらもご覧ください。
アパレル業界で効率的に転職される方は必ず使っています。

アパレルVMD非公開求人がある!おすすめアパレル求人サイト

こちらにVMDの非公開求人が豊富にあるアパレル専門の求人サイトを2つ紹介致します。
本気でVMDに転職したい方は両方利用するとよりVMDの非公開求人を豊富に見ることができるので、よりあなたの希望する条件に合う会社への内定に近づきます♪
(2社とも扱う求人が違うので、2つ利用してみてください。)

実際にVMDへ転職したされた方の声を聞くと、、

・まさかあの大手に入れるとは思わなかった。ありがたいです!
・今の仕事より給料が高くてビックリ!無理だと思ってた。
・未経験だけどVMDとして働く願いが叶ってよかった!
こんなに豊富に求人が見れるなんて思わなかった!

この2サイトを利用すれば、アパレル業界でのVMDな求人はほぼ知ることができます。
VMDの求人を探したい方はまずは利用してみましょう!

①:アパレル業界No,1の求人サイト【クリーデンス】

登録者数求人企業数公開求人数非公開求人数雇用形態
14万人以上2,800社以上1,000件以上9,000件以上正社員(その他有)

クリーデンスはアパレル業界でNo,1のアパレルに特化した転職エージェントです。

アパレル業界経験者向けで、一度でもアパレル業界経験した方には働きたい人にはピッタリのサービスです。

2016年には登録ユーザーが13万人を超えました。
全職種の求人を保有しており、本社勤務・大手などのレアな求人も豊富に有ります。

登録した方しか見れない非公開求人がほとんどなので、今からの登録が必須です。
完全無料で、担当者が求人探し→履歴書添削→企業別面接対策→給料交渉などをサポートしてくれます!

2017年10,11月は意外にも人が動くので、各社とも求人を結構出してます。
この時期の求人は応募が多くなり、すぐに入れ替わりする場合があります。

求人がドンドン出てくるので、今から登録すると有名どころのVMDの求人を見ることができるかもしれません!
普段は見れない会社の求人を見ることができます。
無料で登録して、是非試してみてください。

②関東の方はこちらもおすすめ!【ファッショーネ】

登録者数求人企業数非公開求人数本社案件数雇用形態
非公開200社以上1,000件以上700件以上正社員

未経験であってもVMDの求人がないということはありません。
未経験でもできるアシスタントVMDの求人は人気なため、すぐ無くなってしまうことがあります!
ファッショーネは関東をメインにするアパレル専門の求人サイトです。

特徴として『未経験』の求人を多く保有していること!
皆さんが知っているようなブランドの求人もあります。
ぜひ、興味がある方はファッショーネで求人を探してみてください。
カウンセリングは渋谷のヒカリエで行います。
まずは公式サイトを見てください。

アパレル転職サイトのQ&Aコーナー

実際にVMDの求人を探す際に、みなさんアパレル求人サイトについて不安な点が多いと思います。
私自身も転職時にアパレル求人サイトを利用した際、さまざま疑問点があったので、こちらで紹介していきたいと思います。

Q.VMDへの転職をちょっと考えてるだけでも大丈夫?

A.もちろん構いません。
本当になりたいVMDの職業。
ネットや人づてに聞いた情報だけで判断することはとてももったいないです。

『今のスキルではVMDは無理。』
『本当に求人が見つからない』
そう思っているのであれば、まずアパレル求人サイトにどんなVMDの非公開求人があるかを調べてみることをおすすめします。
担当の方と色々と話して、求人を見せてもらうだけでも全く違います。

 

また『転職をまだしないけど少しだけ考えている方』でもまず実際にどんな会社の求人があるのかを知って、いざ転職を本気で考えるときにとても役に立ちます。
アパレル転職サイトの担当者もどんな方でもお待ちしています。

Q.普通の転職サイトとの違いとは?

A.求人の種類が違います。
リクナビNEXTや@typeなどの大手サイトを利用したことはありますか?
アパレル転職を考える際にこれに登録する方がいらっしゃいますが、残念なことにアパレルの求人数はとても少ないです。
多いと思っている方もいらっしゃると思いますが、アパレル求人サイトはその何倍も多くの求人があります。

また、リクナビなどのでは少ない求人に多くの応募者が殺到してしまうため、書類を通過するだけでも難しいです。
その点、アパレル求人サイトはアパレルの求人のみに特化しているので、豊富な求人の中から転職者側が選ぶことができます。
全て登録した方しか見れないVMDの非公開求人も豊富なので、選べる転職先候補も多くなります。(大手求人もあります。)

Q.担当者と話すのは恥ずかしいから一人でしたいけど。。

A.二人三脚が一番!
私も転職時にこのように感じていました。
しかし、一人での転職にはメリットが全くなく、デメリットしかありません。

一人でした方のほとんどが転職準備に追われて4ヶ月以上転職活動をしているのが現状です。
また、いわゆるブラック企業に転職してしまう確率も高くなります。

その原因としては入りたい会社の選考で準備不足が露呈してしまうからです。
特に、仕事をしながら転職活動するので限界があります。

アパレル求人サイトには企業ごとの対策データが豊富にあるので、使わない手はありませんね。

Q.転職には何ヶ月かかるの?

A.2〜3ヶ月
早い人では1ヶ月で転職をした方もいらっしゃいます。
アパレル求人サイトを利用した方は転職活動期間が短く、効率的に転職活動を行えています。

Q.会社の人にばれないの?

A.ばれません。
アパレル求人サイトに登録すると『勝手に転職している情報が社内に伝わってしまうんじゃないか?』と思うかもしれませんが、プライバシーはしっかりと守っています。

さらに、基本的にメールでのやり取りの際、リクナビNEXTではスマホの表示画面が『リクナビNEXT』と件名が表示されるのに対し、アパレル転職サイトでは『担当者の名前』がタイトルとなっているので、誰かに携帯を見られてもそれでバレることはまずありません。

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

パタンナーの知ってるようで知らない仕事内容を詳しく説明

ファッション、アパレル業界に携わってきた人なら、1度は「パタンナー」という言葉を聞いたことがあるでし

記事を読む

アパレル企画職の求人の探し方【転職】

アパレルで企画職求人を探したい方へ! アパレル企画の仕事と言っても、様々な仕事での関わり方がありま

記事を読む

アパレルOEM営業求人の見つけ方【限定公開】

アパレルOEM・ ODM営業の転職求人を探したい方へ! OEM営業は受託生産をする営業マンです。

記事を読む

アパレルMDの優良求人の見つけ方【限定公開】

アパレルMD求人を探したい方へ! 皆さん知っているとは思いますが、MDとはマーチャンダイザーの略で

記事を読む

no image

パタンナーの中途採用に絶対必要な3つの条件とは

パタンナーとは、アパレル業界の中でも最も長く続けていくことのできる安定した職種といえます。

記事を読む

PAGE TOP ↑