高級ブランド

イッセイミヤケ中途採用求人を知る!正社員の年収や労働環境

更新日:

個性的で独特な世界観を持つ、イッセイミヤケは、ウエアや香水など様々なアイテムを提案し続けているブランドです。華やかさと、高級感が感じられる人気のブランドです。そんなイッセイミヤケで働くにはどのような条件などが必要なのでしょうか。

イッセイミヤケの中途採用求人を探すために!

イッセイミヤケという名前は、聞いたことがあるけど実際どんなブランドなのか、知らない人もいるかと思います。そんなイッセイミヤケについて知ってみましょう。

イッセイミヤケの歴史は?

三宅一生氏が最初に設立したのは、1970年に三宅デザイン事務所でした。その翌年の1971年に「Issey Miyake」初のコレクションを発表しています。そして、現在の会社名に変更されました。

1973年には、パリコレデビューを果たし、1974年には初めての1号店を青山にオープンしました。翌年、1975年にはパリにショップを出店し、その後パリにフラッグショップを作ったり、ニューヨークやロンドンなど世界に進出を続けてきました。

様々なブランドを立ち上げながら、様々な分野で活躍をしている三宅一生氏は、独特な感性と、個性的な世界観が世界中のファッショニスタに注目され続けているブランドです。

イッセイミヤケとは?

イッセイミヤケの企業理念は、想像力を実現化する技術の開発が、イッセイミヤケの基本理念です。デザイン事務所の子会社として作られた衣服関連の会社が、イッセイミヤケとして設立されました。

世界に発信したイッセイミヤケは、身体と衣服の関係をテーマに一貫して未来を見据えた新しい概念のデザイン活動を広めてきました。三宅一生氏は、世界的に認められた革新的なデザイナーです。

彼は、今までないものを、人々の快適な日常のためにというモノづくりのスタンスを貫くデザイナーです。イッセイミヤケは、「創造、好奇心、愛情」をスピリットに表現し続けている会社です。

三宅一生氏とは?

三宅一生氏は、広島県出身のデザイナーです。彼は、小学校1年生のとき、原爆投下により被ばくをしてしまいました。そのときの体験が、「破壊されてしまうものではなく、創造的で、美しさや喜びをもたらすもの」を考えるようになったきっかけとなり、衣服デザインを志向するようになったと言っています。

何もない焼野原から作り上げられていく広島の街を見ながら育った三宅氏は、様々なアートに感銘を受けながら、優れた美術センスを発揮していました。美大に進んだ後も、荘苑賞を受賞するなど、頭角を表していきました。

奇抜なファッションを作り続けた三宅氏は、業界の人々を驚かせ続けました。当時ファッションが独立したアートと認められる世の中ではなかったため、パリに渡りパリで学び、ギラロッシュのアシスタントなどを経て、ニューヨークで既製服の経験を積んでいます。

三宅氏の行動は、際だったものがあるため、多くのデザイナーに影響を与えており、世界的にも多くのファンがいる日本が誇るデザイナーです。

イッセイミヤケの販売員の仕事は?

こだわりのある個性的なブランド「イッセイミヤケ」で販売員になるなら、どんな仕事があるのでしょうか。

チームワーク重視のスタイル

イッセイミヤケは、お店ごとで販売計画を行ったり、売り上げ目標を管理したりしています。本社から決められた商品を受け取る受動納品ではなく、店長を中心にスタッフ同士で話し合いながら、お店に合った商品を発注していくスタイルです。

販売ノルマは個人で課されることはなく、お店全体で売り上げ予算を取っていくことを目標にしていきます。そのため、チームワークを重視している社風があります。個人の力を合わせてお店作りをしていきます。

顧客づくりにつながる接客

イッセイミヤケの世界観が好きなお客様が多いので、お客様が喜んでもらえる商品を提案できる接客力が求められています。これは、お客様の目線で物事を見る力と、イッセイミヤケが提案する背景を伝えられる力が必要となります。

お客様が楽しくなるような会話力や、ブランドのファンでありながら、販売員のファンになってくれる長い付き合いのお客様も作っていけるのが理想です。様々なお客様に、快適でワクワクするような、お買い物のサポートをしていくのが接客の仕事です。

スタッフで作るお店づくり

お店やスタッフに販売戦略などを任せるイッセイミヤケのショップは、自分達でお店を作っていく面白さがあります。顧客力が高いブランドなので、お店や地域によっても売れ方が違います。

自分達の分析で、お店を盛り上げられるディスプレイやレイアウトづくりを考えていきます。店長を中心に、自分達で考えるお店づくりは、楽しい反面責任も伴います。これは、数字で結果が反映されるので、やりがいを感じられるといえるでしょう。

イッセイミヤケの求人は?どんな条件が必要?

イッセイミヤケで働きたいと思っても、どこで求人を探したら良いかわからない人もいるでしょう。そして、どんな条件やスキルが必要なのかを知っておきましょう。

イッセイミヤケの求人はどこでみつかる?

イッセイミヤケの求人は、インターネットなどの求人サイトや、公式サイトからもエントリーができます。条件なども提示され、エントリーもでき、問い合わせをする事も可能となっています。

とてもわかりやすいサイトなので、条件などもきちんと理解する事ができます。応募前に質問があれば、問い合わせフォームで確認する事ができるので、不明な点は確認すると良いでしょう。

学歴は関係ありますか?

イッセイミヤケの販売職での中途採用は、高卒以上となっています。新卒では、短大・専門学校以上となりますが、中途の場合は、高卒以上であれば応募する事が可能です。学歴ではなく、やる気であったりその人のセンスや性格などの方が重視されると言えるでしょう。

アパレル業界の経験は必要ですか?

販売職では、未経験者も応募が可能です。ただ、未経験の場合は、アルバイト入社からのスタートとなる場合が多いです。契約社員での応募は、アパレル経験が2年以上もしくは、社会人経験3年以上と明記されています。

中途採用の場合は、アルバイトもしくは契約社員となり、経験を経て正社員登用の道を目指す事も出来ます。

どんな人が向いている?

イッセイミヤケの客層は、一般よりもやや富裕層の方であったり、自由業の方などが多くいます。ファッションの知識だけでなく、お客様との会話ができるように、多くの知識を得る努力が必要です。

丁寧で適格に物事を伝える会話力や、お客様に心地よくお買い物をしてもらう環境を作れるある程度の社会経験を持った大人が向いています。そして、新しいものを作り出す創造性を求める会社なので、常に前向きでやる気があることもプラスになるでしょう。

イッセイミヤケの待遇や福利厚生は?

実際イッセイミヤケのショップで働くとしたら、待遇面などはどうなっているのでしょうか。好きなブランドに携われる事は、大切ですが、会社の環境は大事です。気になるイッセイミヤケの待遇や福利厚生について知ってみましょう。

気になる待遇面は?

イッセイミヤケの全体的な待遇面は、平均的であり、場合によっては標準よりも良い時もあります。給与としては、一般的に感じますが、決算賞与や評価制度に基づいた昇給もあるので、全体としては悪くないという評価です。

アパレルの場合は、一般職よりも給与水準が低いのですが、その中では比較的良いのではないでしょうか。人材に対して、会社が取る姿勢がしっかりとしている印象があります。

福利厚生面は?

他のアパレルショップには、あまり見られない制度のひとつは、ショップスタッフの制服は全額支給となっている点です。給料から引かれることがないので、負担を感じません。その他、社会保険や有給休暇制度、産休・育児休暇なども整っています。

その他、スポーツジムや旅行などの割引などもあり、特典を上手に使えば仕事だけでなく、余暇も楽しめます。そして、社員研修制度もあり、未経験であっても様々なスキルを入社後磨くことができます。
『必見!ハイブランドに入るために必要なコト』のページに進む⇨

まとめ

歴史の長い日本だけではなく、世界に誇るブランドのイッセイミヤケは、グローバルな視点で仕事に携われる環境にあります。憧れのハイクラスブランドで、ショップ販売員として働くのは、スキルアップにもつながるチャンスにもなるでしょう。

  • この記事を書いた人

山下美希(34歳)

『このままで私いいの?』そんな気持ちから、アパレルで転職を2回経験しました。販売員→店長→広報→人事→(現在)アパレル専門の転職アドバイザーをしています。皆様のお力になれるよう情報を提供していきます。

-高級ブランド

Copyright© アパレル転職サイトの徹底比較と体験談 , 2018 All Rights Reserved.