*

 

【第3章】アパレル転職先がひどかった

アパレル転職の失敗

転職して初めてわかったことがありました。
私は東京在住で、東京事務所に所属になりました。
入社して違和感に気づきました。

社内には3人しかいません。
私が面接に行った当時は10名ほどいて賑わっていました。
しかし、いつまで経っても3人。
3日経って聞かされました。

『君が入社になったから、3人辞めて4人は大阪の本社に帰ったよ。』

??????
そんなことはあるのだろうか?
求人を出した理由は『3人やめるからその要員として募集した』とのこと。

求人を出すってことはいろんな理由があるんですね。その時に色々とわかりました。
そして、面接時にいた後の4人は会議をしに東京に集まったとのことでした。
私の中でこの会社のイメージが崩れていきました。
6058a773aaf4cfd7dfde7a932eaf330b_s

しかし、せっかく入った会社なので、OEM営業での技術を盗もうと思って仕事をしていました。
販売員も一緒にやるのは大変でした。

ここまで色々と言いましたが、上司には恵まれていました。
上司2人はニットのエキスパートです。
私はアシスタントとしていろんなことを学ぶことができました!

3人グループだったので、会社の中で一番の売上と利益率を誇っていて、学ぶことがとても多かったです。
しかし、決定的なところが3つかけていました。
仕事はとても充実していましたが、これが2回目の転職につながっています。

①会社が火の車
少人数で東京営業所を回していたため、いろんな雑務をこなしていました。
それは会計関係までやっていました。
初めての決算時にそれは発覚しました。

『リーマンショック時に投資で◯◯億円の赤字を出していた』

最初は決算の数字を見て利益が赤字だなーと思って、過去を振り返ってみると毎年赤字。
そして、長期債務がありえない金額でびっくりしました。

聞くところによると、慣れない投資でリーマンショック時に大赤字を出してしまったとのこと。
これを聞いてから本社に対して嫌悪感を抱くようになりました。

②ボーナスが出ない

上の話からわかる通り、ボーナスなんてありません。
しかし、求人票や面接時に『ボーナスはありますか?』と聞いた時には年に2回あると言っていました。
しかし、内情は火の車でボーナスなんてここ数年出していなとのことでした。
これは騙されました。

③本社が昔ながらの体質

会議などに参加しますが、上司が言うことが全てで、経営が成り立っていました。
『投資したのは誰か?』と聞いてみたいところでしたが、全く聞けません。

また、同族経営だったため、数字に関して疎いのか、全くこの状況を打開しようという思いが見受けられませんでした。
しかし、東京でのOEMの仕事は楽しかったので、4年間はいましたが、
ある程度仕事ができるようになってきたので、
この会社を離れようと思いました。
当時の年収は30歳で290万円。正直少なすぎです。

【第2章】初めてのアパレル転職活動がやばい⇦前

次⇨【第4章】アパレル転職を成功させるには?

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

【第2章】初めてのアパレル転職活動がやばい

1回目のアパレル転職で、、 私は思いも立っていられず、会社を辞めてから転職活動をしていました。

記事を読む

no image

【第4章】アパレル転職を成功させるには?

アパレル転職で成功したい! さて、今回の転職は、、『必ず自分の思う通りに転職を成功させる』

記事を読む

【第1章】アパレル会社を辞めるか迷う

アパレルを辞めるか迷いました。 こんにちは。 現在、34歳のミキと申します。 私は今までに

記事を読む

【第5章】アパレル転職サイトを決めるポイントとは?

転職で成功するか?失敗するか? このポイントは求人を探す転職サイトによると思います。 当時、私は

記事を読む

PAGE TOP ↑