*

 

アパレル販売員から企画職に転職した女性の口コミ

販売員から憧れのデザイナーに転職しました!

洋服が大好きだったため、大学卒業をしてから新卒でアパレル販売の仕事に就きました。

しかし販売ノルマや接客の難しさに悩んだ上、仕事をしていく中で、販売ではなく自分で洋服を企画したり簡単なデザインなどもしてみたいなという気持ちが強くなり、三年間販売として働いてから、アパレル転職を決意しました。

アパレル転職をするなら、やはりアパレル転職サイトで求人を探すのが一番手っ取り早いだろうと思い、転職を決意してからすぐクリーデンスにさっそく登録しました。

サイトで色々な求人を紹介していただき、大学で服飾系を専門に勉強していたこととアパレル販売の実務経験が3年間あったため、デザイナーや企画職の求人にも自分が応募条件を満たしているところが多くまずはほっとしました。

実は、アパレル転職をすると決めたものの、最初は本当に自分がやりたい仕事に就けるのか非常に不安でした。
しかし、想像していた以上にアパレル転職サイトにはたくさんの求人が載っていて、自分の興味に近いものも多々ありました。

だから、どんどんそれらに応募して、最初は不安しかなかったはずなのに、気付いたら転職活動を楽しんでいる自分がいました。
サイトから応募して、いくつか面接していただき、小さい会社ですが子ども向けの衣料品メーカーに企画職として採用していただくことが出来ました。

販売職の時は一日中立ちっぱなしで体力的にも大変でしたが、企画職に転職してからは主にデスクワークでお休みも土日で決まっていたので体調面も転職してからすごく良くなりました。

また、アパレル転職サイトで探したおかげで、自分にぴったりの企業に巡り会えたため、毎日仕事が楽しくて仕方ありません。
毎月複数の企画を出したり、洋服の仕様書を書いたり、生地を海外の問屋さんとやりとりして発注するなど難しいこともありますが、一から先輩に教えてもらいながら日々成長出来るよう頑張っています。

クリーデンス
私はこちらを情報収集に使いました。
登録ユーザーは13万人を越え、求人企業数は2,700社以上あり、バラエティに富んだ求人の数があります。
特徴としては2,700社あるうちの80%は非公開求人ですので、希望する求人が見つかる可能性がとても高いです。
国際資格(GCDF)をとったアパレル専門のキャリアコーディネーターが多く悩みを解決してくれます。
私がカウンセリングに行ってきたレポートはこちらから
登録者数求人企業数公開求人数非公開求人数雇用形態
14万人以上2,800社以上1,000件以上9,000件以上正社員(その他有)

footer
20代アパレル転職
30代アパレル転職
credence

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

アパレル販売からプレスへ転職した20代女性の口コミ

憧れのプレスに転職できた! 23歳の時に、アパレル販売職からアパレルのプレス職へとアパレル転職した

記事を読む

no image

憧れのアパレル販売員に転職してみての口コミ

私はおしゃれが大好きで、自分なりにファッションにこだわってきました。 将来は自分の好きなアパレルブ

記事を読む

異業種からアパレル業界へ転職した口コミ

 異業種からアパレル転職は不安でした。 私は学生の頃からファッション業界に興味がありましたが、ノ

記事を読む

109アパレル会社に転職した女性の口コミ

109で販売員として働きたい! 私は18歳からアパレル会社に勤めていました。 高卒で就職した為、

記事を読む

田舎から憧れのアパレル販売員になった女性の口コミ

私がアパレル転職を決めたきっかけは旅行先での出来事からでした。 私は少々田舎の方に住んでおり、服屋

記事を読む

PAGE TOP ↑